スポンサーリンク

【生協の野菜】と【スーパーの野菜】何が違うの?

生協とスーパーの違い

こんにちは、たくみです。

今回は野菜のお話です。

わが家では、野菜は基本的には生協で購入しています。

野菜って生でそのまま食べることも多いので、品質や鮮度を気にする方もたくさんいらっしゃると思います。

スーパでもおいしい野菜がたくさん買えますし、ネットスーパーで頼めば自宅まで届きます。

ではなぜ、、生協で野菜を買うのか…??

結論、より高い品質と鮮度の野菜がお手頃価格で購入できからです。

スーパーと値段はそんなに変わらないのに、品質と鮮度がより高いのが生協の野菜です!

なので、、買わなきゃ損ですよね♪

生協の野菜とスーパーの野菜の違いを詳しく解説していきたいと思います。

生協を使ったことがない方にもわかるようにしています。

最後までお付き合い頂けたら幸いです♪

この記事を読んでわかること
  • 生協とスーパーの野菜の違い
  • 生協野菜のメリット
  • 生協野菜のデメリット
  • 野菜がオススメの生協
記事の根拠

筆者は前職で生協の配達、営業(新規開拓)、共済(保証商品)を10年以上に渡って経験しています。
もちろん、自宅では今現在も生協を活用しています。生協の中も外も熟知しています。
たぶん、元職員が書くのは日本初じゃないかな?と勝手に思ってます。

【生協の野菜】と【市販の野菜】何が違うの?

結論:生協の方が品質と鮮度が高い

理由は2つあります。

国の基準よりもきびしい生協独自の検査基準

最短で前日収穫された野菜が届く

最安値で野菜を買うことが目的の場合はスーパーで買ったほうが価格は抑えられます。
品質や鮮度を求める場合は生協です。


具体的にいうと…

  • 無農薬、有機野菜がいい
  • できるだけ農薬を使わない野菜が食べたい
  • 採れたての野菜を味わいたい

こういった方に生協はとてもマッチします♪
生協は、安いものが安く買えるのではなく、品質の高い野菜が安く買えるのが魅力です!

生協について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ♪

生協で野菜を買うメリット


全部で4つあります。

①  品質高い

各生協は国が定める基準とは別に、生協独自の基準を設けています。
この独自基準が国の基準よりもきびしい生協が多いです。
特に顕著なのは、パルシステム生活クラブです。

例えば…


国に使用が認められていていたとしても
 使わなくてよい農薬や化学肥料を使わない

・残留農薬の基準は国の基準の1/10


・放射能検査基準は国の基準の1/4

などですね!


スーパーでは特別栽培クラスの基準で生産される野菜が
生協では標準レベル、スタンダードになっています。


安心したい方、気になる方にはいいですよね♪

②  鮮度が高い

パルシステムでは配達日前日に収穫した野菜が届きます。
(全部の野菜じゃないです。品種は限られています)

昨日まで畑にいた野菜ですから、美味しくないはずがありませんよね!


生活クラブでは収穫から3日以内にお届けすることを約束しています。
約束ってところがすごいですよ。
意思を感じる…。

実は…
スーパーの野菜も収穫してから大体2日くらいで店頭に並んでいるのですが、売れ残ったものは翌日に回ったりします。
そこから鮮度が良いものを選ぶのは手間がですし、素人にはなかなか難しいですよね!

生協だとあらかじめ選別されて、いいものだけ届くので楽チンです!

③  価格が安定している

年間を通して、生協だと価格があまり変動しないです。
契約農家さんの努力の賜物です。


スーパーだと季節によって値段が上下しますが、生協はほぼ一定です。
しかも、割と良心的な価格で一定しています。

夏の台風、冬の大雪、日照不足などお天気に恵まれないと収穫量が減るので価格が高騰します。
ですが、生協はそんな時の高騰せず、いつも通りです。
なので、スーパーで野菜が高騰すると生協で野菜の注文が殺到します。(リアルな体験談)

④ 世間では品薄でも届く

パルシステムで導入されているパルくる便という商品のお気に入り登録のことです。
(青果品、冷蔵品、日用品などいろいろ登録できます)

よく買う野菜をお気に入り登録しておくと、、
登録者には不作時でも優先的にお届けされます

数が足りなくて全員には行き渡らないけど、登録者にはお届けします!ってことです。

よく使う野菜や、ないと困っちゃうような野菜を登録しておくと
いざって時に助かります♪

生協で野菜を買うデメリット

全部で2つです。

①  選べない

直接自分の目で見て選ぶことはできません。
なので形、大きさ、あとは産地も選べません。

「選べない」というとデメリットですが、
「いいやつを選んでお届けされる」と思っているので実はメリットだと私は思ってます。

ただ、やっぱり見たい!という方もいると思います。
そういった方にはデメリットかもですね!

②  届くのが1週間後

これはもはや…生協の宿命ですね。
通常の定期便はどこの生協でも週1回のお届けです。

システム的なところなのでどうしようもありません…。

野菜がオススメの生協

 パルシステム

品質、価格、品数のバランスが1番いい生協です

パルシステムの栽培基準

パルシステム公式HPより

コアフード
有機JAS認証を取得した「有機農産物」、またはそれに準ずると判断された農産物。
化学合成農薬、化学肥料を使わないパルシステムのトップブランド

エコチャレンジ
化学合成農薬、化学肥料を各都道府県で定められた慣行栽培基準の1/2以下に削減。
(慣行栽培=通常の栽培方法)

主に青果品とお米に適用されています。
表示なしでもパルシステムの独自基準を満たさないと出荷できないのでスーパーより検査基準はきびしいです。

産直いきいき品質

パルシステム HPより

最短で前日収穫した野菜が届きます。
パルシステムは基本的には収穫から2〜3日後にお届けですが、いきいき品質は1日短くなるので最短で前日収穫になります。
すごいことですよ…これは。
種類はやや少なめではありますが、レタスなどの葉物はシャキシャキ感が段違いです♪

パルシステムについてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ♪

生活クラブ

1番品質にこだわっている生協です

生活クラブHPより

生活クラブも3種類に分類されています。
生活クラブは収穫して3日以内にお届けすることを約束しています。
約束しているところに強いこだわりを感じますよね…。

アースメイド野菜

生活クラブHPより

生活クラブの独自基準を適用した野菜です。
国の基準に対して残留農薬は1/10放射能は1/4までなどのきびしい検査基準をクリアした野菜です。
また、商品事故率(届いたけど痛んでいた…など)0.05%という目標もあり、検品もとてもきびしいです。
全国71の提携産地があるので、品質の高い野菜が豊富にあります。

生活クラブついてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ♪

まとめ

最後にまとめます。

【生協の野菜】と【スーパーの野菜の違い】何が違うの?

生協で買うメリット

  • 品質が高い
  • 鮮度が高い
  • 価格が一定
  • 品薄でも届く

生協で買うデメリット

  • 形、大きさ、産地は選べない
  • 届くのが1週間後

野菜がオススメな生協

 ・パルシステム
品質、価格、品数のバランスが1番良い。
国の基準より厳しい独自基準。
最短で前日収穫の野菜が届く。
>> 公式ページはこちら

 ・生活クラブ
生協最高峰の品質。
国の基準より厳しい独自基準。
収穫から3日以内を約束。
>> 公式ページはこちら

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント