スポンサーリンク

プログラミングスクール受講前に知っておきたい3つの現実

ITの話

こんにちは、たくみです。

私自身がプログラミングスクールを受講し、未経験からエンジニアに転職しております。
なので、スクールを受講することには賛成派です。


しかし…

受講前のイメージと現実
なんか違うよなぁ…


と感じた点は、たしかにありました。


今回はイメージと現実のギャップについてご紹介したいと思います。
プログラミングスクールを受講するか考えている方の参考になれば幸いです。

この記事を読むメリット
  • 受講後の現実がわかる
  • 受講前とのギャップが生まれる理由

この記事の根拠

筆者が実際にプログラミングスクールを受講し、転職した経験を元に書いています。
受講した際の筆者の主観です。ご了承ください。

プログラミングスクール受講前に知っておきたい3つの現実

結論はこちらです。

  1. 卒業したらエンジニアになれるわけじゃない

  2. カリキュラムだけでは学習不足

  3. 本気でエンジニアになりたい人にはオススメ

順番に説明していきますね。

1. 卒業したらエンジニアになれるわけじゃない

理由① 未経験転職はハードルが高い

基本的に、優良企業や大手企業は未経験採用はキビシイです。
というか、そもそも採用すらしてません。

また、スクール卒の未経験者が大量に転職市場に流れているので
しっかり他と差別化できないとすぐに埋もれます。

私の周りでもエンジニアではなく
全く違う仕事に就職した方はたくさんいました。


理由② 「エンジニアは人材不足」の誤認

「エンジニアは人材不足」とよく言われますが、不足しているのは
「スキルのあるエンジニア」であって、「スキルのないエンジニア」
死ぬほど溢れかえってます。

人材不足だから職に困らないのは経験者です。
未経験者はふつうに困ります。

やっぱりそんなに甘くないのか…

と、心配になりますよね…。

でも、しっかりとした準備と対策をすれば未経験からでもエンジニア転職は可能です。

私は高卒、PCスキル0、30代後半でも転職できましたから!
気になる方はこちらをどうぞ↓

2. カリキュラムだけでは学習不足

カリキュラムは基本的な知識を体系的、網羅的にまとめてあるので
効率よく学習できる点がとても良いです。

しかし、カリキュラムだけでは業務を行えるレベルにはなりません。

あくまで基礎であり、知識の土台です。

卒業後も、自己学習で知識を積み上げて行かなければ
仕事になりません。

カリキュラム終わったからOK!ではなくそこからがスタート!

3. 本気でエンジニアになりたい人にはオススメ

私自身は受講してよかったと本気で思っています。

理由① 自分を追い込める環境

家で1人でやると最初はよくても、次第にだらけがちです。
私は…ハッキリ言って意思が弱いです(笑)

ですが、受講したらもう後は引けない!と思って必死に学習しました。
この強制力が自分にハッパをかけてくれて良い効果をもたらしました

理由② 効率よく学習できる

学習自体は、独学でもできますが、どうしても非効率になりがちです。
最短距離で効率的に基礎を抑えられれば、その後の自己学習も効率よく進められます

理由③ 挫折したくない

プログラミング学習は90%以上が挫折すると言われています。
わからないことがずっと続くと…誰でもイヤになりますよね。

スクールだとメンターに質問したり、同じ受講生に相談したりと
1人だとつまづきそうな所がスキップできます。

私も家で1人だったら…正直、挫折していたかもしれません。

プログラミングスクールには学習を継続できる環境が整っていますので
転職まで考えている方であればオススメです。

まとめ


プログラミングスクール受講前に知っておきたい3つの現実

  1. 卒業したらエンジニアになれるわけじゃない
  2. カリキュラムだけでは学習不足
  3. 本気でエンジニアになりたい人にだけオススメ

自発的な学習他との差別化がしっかりできれば
転職までうまくいくと思います。

もちろん、私も毎日勉強中です♪
一緒にがんばりましょう☆

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント