スポンサーリンク

前進をしない人は、後退をしているのだ。

人生に名言を

He who moves not forward, goes backward.

Johann Wolfgang von Goethe
ゲーテ

今回はゲーテの言葉です。ドイツを代表する文豪ですね。
『若きウェルテルの悩み』など数多くの作品を世に残しています。
また科学者、政治家としても活躍しており、様々な分野に知見が
広かった人物です。控えめに言って天才だな?
そんな彼が残した言葉を今回も私の主観で勝手に解釈して人生や仕事に
落とし込んで行きたいと思います!


「前進をしない人は、後退をしているのだ。」 


言ってることは気持ちいいくらいシンプルですね!!
現状維持バイアスに取り憑かれた人をバッサリ切ってます(笑)

進化しない、成長しない、変化しない、つまり今のままで
「よし、もうOK!」となったらそれは後退してるよ。
現状維持とは「±0」ではなくて「マイナス」だぞ。
と言えそうです。
満足したら終わり!ともよく言いますよね。


では、「常に進化や成長をすることが前進」とするならば
どうしたら、常に進化や成長をすることができるのでしょうか??



それは「自分の頭で考えて、行動し続けること」だと私は思ってます。



はい、出ました。わかっちゃいるけど難しいシリーズ(笑)
なんで難しいのかは・・・

「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」
https://note.com/tkfire/n/n6620bf2ee49d

の記事で書いてますので、そちらをご参照ください。


簡単にいうと、失敗したくない!嫌われたくない!!
てな感じで、周りの目を気にしちゃうからですよね。

でもさ、、具体的にどうしたらいいのよ!?
・・・ですよね(笑)

では、私なりに落とし込んで行きましょう!


まず、何にも考えずに行動できるのはルーティンワークだけです。
思考停止でルーティンワークをしているだけでは変化を生みません。
なぜこれをするのか?どうしてこのやり方なのか?
目の前のことに疑問を持つことがスタート地点だと思います。

そこから、、、

「どうやったらもっとうまくいくのかな?」
「どうしたらもっと効率よくなるだろう??」

なんて考えていると、、、

「こうした方がいいかも!」
「あっちの方が良さそう!!」
「こうしたい、あーしたい!!!」

が出てきます。これが出ると、、、

行動する動機ができますね。


動機ができたら行動ですね。とは言っても何か大きなことをするわけじゃなく、小さな行動で十分です!
手っ取り早いのは、、、考えたことをアウトプットする!です。

家族や仲間に話す。
上司に提案してみる。

紙に書いて整理しておくと伝えやすいのでオススメです😄
仕事なんかだと自分の裁量の中でトライアンドエラーが
できたらもう最高です!!めっちゃ前進してますよね(笑)


こんな感じ行動にしていきます!!



今回の結論
:「前進をしない人は、後退をしているのだ。」 

現状維持とは「±0」ではなくて「マイナス」
前進するには自分の頭で考えて、行動し続けることが必要
目の前のことに疑問を持つことが行動するためのスタート地点

では、また! ∠(・_・)

コメント