スポンサーリンク

慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。

人生に名言を

Take the course opposite to custom and you will almost always do well.

Jean Jacques Rousseau
ルソー

ジャン=ジャック・ルソーは18世紀に活躍したフランスの思想家。
教科書にも載っているのでご存知の方も多いと思います。
近代の民主主義や個人主義に大きな影響を与えた人物ですね。


今回はこの言葉を自分なりに解釈をして人生や仕事に落とし込んで行きたいと思います。あくまで個人の解釈なので・・・あしからず!

「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」

まず「慣習」とはなんでしょ?ということで辞書で調べてみました。

ある社会で古くから受け継がれてきている生活上のならわし。しきたり。

つまり、、、、その反対の道を行けとは、、、

世間一般ではこうだよね?みんなこんな感じでやってるよ!ってことの反対のことをすればうまく行くよ!

簡単に言えばそうゆうことですよね。

裏を返せば、みんなと同じことやってたらうまくいかないぜ!
とも言えます。

これ、、、
頭ではわかっていても、実際のそういった場面では
なかなかできないんですよね・・・

では、なぜ頭でわかってはいても反対の道を選択できないのか??

失敗したくないから
嫌われたくないから

これです!!(経験談)

失敗は成功の元!嫌われる勇気をもつ!!   以上!!!

で、終わってもいんですが、 そのマインドをどうやったら持てんのよ?
って話ですよね。

これは自分の場合ですが、小さいことから積み重ねていくことでだんだんそういうマインドで出来てくると感じています。

例えば、、、

いつもサイゼでミラノ風ドリア頼んでるけど、今日はシーフードドリアいっちゃおう!!(ちょっと冒険してみる)

会社の中で誰もやりたがらないことだけど、お…オレがやってやるぜ!!
(ちょっと勇気だしてみる)

とか。


ちょっとだけ出した冒険心と勇気が失敗することもも、もちろんありますが、成功した時には自信と経験値をGETしたことになりますよね。
やったー!!って。
仮に失敗だったとしてもチャレンジしたから経験値はGETできますよね。
ダメだったー!!なんでダメだった?次はこうしたらうまくいくかも?
ってチャレンジする前よりもっと具体的な方法が考えられますし。

そんな感じで小さいことからちょっとづつ進んで行くと
失敗って損することなくない??
やらないことのが損じゃない??
そんな風に思えるようになったら周りがどうとかよりもここで
チャレンジしない方が怖い!!みたいな感じになってくると思います。

もう、、、変態ですよね(笑)

今回の結論:慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。

みんなと同じことはやるな!

それが怖いならまだ経験値が足りない!!

小さな冒険から勇気を出す修行をするべし!!!


では、また!∠(・_・)

コメント