スポンサーリンク

1ヶ月の支出。いくらか言えますか?

お金の勉強

「給料日まであと5日…手元には500円しかない…。さぁ、どうする!!」
マンガのような絶望的な状況ですが、こんな状況でも一発逆転、乗り切れる方法があります!!

…なんていう甘い誘惑は、間違いなくさらなる地獄への入り口です(笑)

そもそも、1ヶ月の収入から支出を計算して使えるお金を把握しておけばいい話ですが
意外とこの収支の計算を全くやっていない訳ではないけど、ぼんやりとしかやっていない方が私の周りには多い印象です。

1ヶ月の給料をいくら貰っているかは、ほぼだいたいの方が把握していると思いますが、
1ヶ月の支出についてしっかりと把握している方は少ないのではないでしょうか??

支出を把握することの意味

毎月の支出をしっかり把握していないと手元に残る金額が把握できません。当たり前ですが(笑)
何に、いくら、どのくらいの期間を使っているのか?明確に把握しておきましょう。
支出には固定費(毎月一定額かかるもの)と変動費(金額が決まっていない)があります。
自分の支出の内訳(固定費がいくら、変動費がいくら)まで把握しておくとお金の流れを把握することができます。流れがわかるとロスしている所が見えてきます。意図せず金額がかさんでしまっているものや、すぐに減らせるものなどがあれば無理のない範囲で是正して行きましょう。

支出を減らすには固定費から

「よし!支出を減らすぞ!」となっても変動費を減らすのはなかなか難しいです。
その名のとおりで変動するからです。具体的には、食費、洋服、医療費、などなりますがお子さんが食べ盛りの家庭で食費を減らすのは酷ですよね(我が家もそうです)。洋服も同じく、小さくなったから新しいのが必要になったりします。具合が悪くなっても病院には行かない!なんてこともできません。
なので変動費ではなく、固定費を減らしましょう!

まずは手の付けやすい通信費から削減がオススメ!

固定費は設定を変えたり、利用会社を変えたり…手続きが面倒なもの、時間がかかるものもあります。
しかし、1度削減したものを設定できれば、あとは毎月ず〜っと削減になります。
ですので、効果は非常に高く、かつ、持続します。
これから固定費の削減をするという方にオススメなのが通信費です。スマホのプランを変えたり、格安SIMを使うことで簡単に削減することができます。最近では大手キャリアも続々と新プランを発表し、格安SIMに抵抗があった方でも、今までより安くスマホが使えるようになります。
仮に、毎月の通信費が家族合わせて5,000円安くなったら年間6万円もの削減になります。
(ちなみに、わが家は家族で4台のスマホを使ってますが、合わせて5,000円ちょっとです!)
近場なら旅行にいけるくらいの金額だし、子供の誕生日プレゼントをちょっと奮発!なんてこともできますよね!浪費しては元も子もありませんが…。
ぜひ、この機会にまずは通信費からでも削減してみましょう。

まとめ

  • 1ヶ月にいくら支出があるのか把握するとムダな支出が見えてくる。
  • 支出は固定費と変動費がある。固定費を減らす方が効果は高く持続する。
  • これから固定費を削減するならまずは通信費からがオススメ

コメント