スポンサーリンク

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食を1ヶ月やってみた

本から学ぶ

「空腹」こそ最強のクスリ

こちらの書籍にある16時間断食を実際に1ヶ月やってみました。
結果は…体重−6kg、体調良好、肌荒れ改善など多数。
これが簡単、かつ効果がしっかり出ました。
もちろん、個人差はありますのでそこはご了承ください。あくまで私の場合です!
でもやってみる価値は…むちゃくちゃあります!私の実体験を元にこちらの本をご紹介します。

16時間断食=8時間食事術とは?

1日24時間のうち、食べていいのは8時間。その8時間には好きなものを食べてもいいし、お酒もOK。残りの16時間は何も食べない。ホントにこれだけです。とてもシンプル!
食事制限はストレスをかなり感じる方が多いと思いますが、好きなものを食べていいのが継続しやすいポイントだと思います。

どういう効果があるの?

16時間何も食べないと軽い飢餓状態になり、オートファジーが活性化します。オートファジーとは細胞内の不要なものを取り込んで新しい細胞を作ることです。体内が細胞レベルから活性化するので、病気にかかりにくくなったり、老化予防に繋がります。また、臓器、器官も活性化するので肌荒れ、便通、体の不調なども改善する効果があります。8時間の中で1日の食事を済ますと自然と食事量が減り、摂取カロリーも減るのでダイエットにもなる!と言うわけですね。一石何鳥にもなりますね!

1日3食たべないで平気なの?

実は、1日3食というのは内臓への負荷がハンパないらしいです。食べたものを完全に消化するには約12時間ほどかかるようです。そこから3〜4時間は休ませてあげるのがいいみたいです。16時間というのは内臓がしっかり消化をして休憩時間をとってまた元気よく働くために必要な時間です
なので、空腹になった時に「ヤバイ…体によくない!なんか食べなきゃ!」ではなく「内臓ちゃんゆっくり休んでね!」とねぎらってあげてください(笑)!よろこぶと思いますよ。
1日3食だと休む間もなく働くことになります。長い付き合いになる相棒にブラック労働させては…よくありませんよね。

コツは睡眠時間を入れること

でも16時間も食べないなんて…お腹が減ってムリそうだな〜

不安な方もいらっしゃると思います。でも、実はちょっとしたコツでかなりハードルが下がるんです。
実際に私が16時間食べない1日のタイムテーブルを作成したので、ご覧ください。

ちょっとしたコツとは、食べない16時間の中に睡眠時間を組み込むことです。
1日の睡眠時間を6時間とすると食べない時間は残り10時間。この10時間を睡眠前後に分けます。


私の場合だと、だいたい昼食を13:00頃に食べます。
そして夕飯を21:00までに食べ終わればもう勝ちです。
13:00〜21:00が私の1日の食事時間ということになります。



タイムテーブルをご覧いただいて、お気づきになりましたか??


実は…16時間断食と言っても朝ごはんを食べていないだけなんです!



そう聞くと結構いけそうな気がしませんか??
朝ごはんをいつも食べない方なら昼と夜の食べる時間を意識すればいいです。
でも、ライフサイクルによって食事時間は違いますよね。人によっては昼食を抜いたり、夕飯を抜いたりになると思います。ご自身のサイクルに合わせてタイムスケジュールを調整してみてください。
いずれにせよ、食べない時間に睡眠時間を組み込むことがコツです!

どうしても空腹に耐えられない時には

とはいえですね、いつも朝ごはん食べていらっしゃる方、夕飯までにいつも間食する方には空腹が我慢できない可能性があります。
実は私も、生まれてから1度も朝ごはんを食べ損ねたことがないかもしれない!と思うくらい必ず、毎日食べていました。なので最初はめっちゃ空腹でした(笑)

でも実は、空腹に我慢できなくなったら食べてもOKな食品があります。ありがたい…。


こちらが空腹時の救世主です!!

ナッツ

スーパーフードと名高いナッツさんですね。良質な脂質が摂取できますね。
ただし「素焼き」で「無塩」のものを選ぶようにしてくだい。砂糖が付いていたり、塩が付いていると内臓に負荷が掛かっちゃいます。休み時間はゆっくりさせてあげましょう。

この小分け袋になっているナッツを重宝しています。

カバンに入れておけばもう安心。我慢できない時の頼れる味方です。リスより食べたかもしれない。

ヨーグルト

こちらもナッツ同様に砂糖が入っていない無糖の方がベターです。
私は、朝起きてどうしてもお腹が空いた時に自宅で作っている

カスピ海ヨーグルト

(市販の牛乳にタネ菌を入れて混ぜれば牛乳がヨーグルトに進化します。できたヨーグルトを再び牛乳に入れます。またヨーグルトができます。無限ヨーグルトです。笑)

こちらを朝食がわりに食べています。
酸味が非常に少ないので、もともと無糖は苦手なのですが、余裕でいけます。


それと、飲み物は砂糖が入っていないものならだいたいOKみたいです。
水、お茶、コーヒーなどお好きなもので!

注意点

  1. 筋肉が落ちる
    摂取カロリーが少なくなるので体重はすんなり落ちて行きます。
    しかしその分、筋肉も落ちてしまいます。
    週2回程度、約20分を目安に全身の筋肉を軽く動かす運動する。
    ちょっとしたウォーキングや自宅で筋トレなどがオススメです。

  2. 無理をしない
    最初は練習として週1からでもOK。続けることが大事です
    私も空腹になれるまではしんどい時もありました。そんな時はナッツやヨーグルトです。
    どうしても紛れない時は中止して食事してください。
    空腹がストレスで体調を崩したら元も子もありませんので。

  3. ドカ食いしない
    私自身、わりとやっちゃってました。空腹に耐えてやっと…てなるとついついです。
    急に大量に食べてよく胃が痛くなってました(笑)
    ゆっくりよく噛んで、適切な量を心がけましょう。

まとめ&やってよかったこと

内容のまとめ

  • 1日3食は食べすぎ。
  • 16時間食べない時間を作ることで内臓を休める。
  • オートファジーで細胞が活性化することで病気を遠ざける。
  • 空腹時はナッツ&ヨーグルトで乗り切る
  • 適度な運動を忘れずに。
  • 無理してやらない。週1からでもOK。

書籍を読んでよかったこと

  • 筋トレとウォーキングの習慣ができた。
  • 痩せて着れなくなったスーツが入るようになった。(まじ歓喜!)
  • 健康への意識が高くなった
  • 空腹は内臓ちゃんの休憩時間。ブラック労働はダメ、よくない。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


書籍が気になった方はこちらからどうぞ!


「空腹」こそ最強のクスリ(amazon)

楽天からはこちらから!

コメント